即日審査はどんな基準でチェックしている?

即日キャッシングの壁としてそびえるのが、キャッシング会社の審査となります。

 

果たして本当に返済できる信用力を持っているのか?を精査するのが最大の目的です。キャッシングに申し込んでも審査に通過しない限りは借り入れを行うことはできないので、何よりも大切なハードルであると言えます。

 

それでは、謎も多いキャッシングの審査内容についておおまかに解説をしますので参考にして下さい。

 

多くの金融機関ではスコアリングという審査基準によって申込者の返済能力をシステマチックに判別します。

 

どういったものなのかを簡単に解説すると、申し込んだ人の仕事(勤続年数も大事なポイント)や年収といった情報を数字として表したもので、そのスコア結果をこれまでの融資実績が詰まったデータベースと照らし合わせ、本当に返済能力を持ち合わせている人物かをスピーディーに判別ができるシステムです。

 

こうした審査を用いたことによって最短30分で審査回答などという即日ニーズへの対応と、スタッフによる裁量融資が無くなり、利便性が向上したことでキャッシングの利用者数も増加しました。

 

このようなスコアリング審査を通過すると、今度は他社からのキャッシング状況をチェックされます。

 

過去の借入状況が記録された信用情報を参照し、どこからいくらの融資を受けているのか、今まで債務整理をしていないか、返済の遅延が無かったか等の返済トラブルを調べます。

 

これには、総量規制の対象となっているか否かを確認する目的もあります。

 

総量規制を簡単に説明すると、自分の年収の3分の1以上の融資を禁止する法律で多重債務者の増加にストップをかけるのが目的です。

 

しかし、この総量規制に当てはまる項目は貸金業法の管轄となる消費者金融や信販会社からの借入です。クレジットカードのショッピング利用や、多くの人が利用するようなローンに関しては対象となりません。

 

あくまで貸金業法の範疇なので、銀行から借りているお金についてはどれだけ借りていても無関係です。

 

このような審査をクリアすると、ほとんどの場合在籍確認という最終関門に突入します。

 

在籍確認について簡単に解説すると、本当に申請した企業に勤めているのかどうかを実際に金融会社が電話をして確認を行うものです。

 

なおこの電話は、必ず個人名で電話が掛かってくるので、キャッシングの在籍確認だと漏れるという心配はありません。

 

このときにたまたま外出しているという場合でも、実際に会社に在籍していることが分かればそれでクリアです。こうした各審査ポイントを通過すればキャッシング契約成立となります。

 

金融会社によっては微妙に違う点もありますが、ほとんどがこのように審査は進んでいきます。こうした知識を身につけておけばお金のピンチを助けてくれますよ。

 

知らなきゃマズイ?返済の基本

キャッシング自体は比較的簡単に可能ですが、肝心なのは返すことです。面倒なトラブルにならないように、基本的な返済についての知識を確かめておきましょう。

 

一般的なキャッシング会社においては、口座からの引き落としかATM入金での返済が選べるようになっています。どのやり方で返すにしろ月ごとに定められた返済日に約束の最低返済額を返す必要があります。

 

おそらくここまでは多くの人が知っているかと思われます。しかし無駄な利息を払わない為に、繰上げ返済という方法があることについてご存じでしょうか。

 

元金残高が減少すれば最終的に負担する利息の額が減少しますからね。ほとんどのケースで繰り上げ返済は可能です。

 

ただ、繰上げ返済をすることができるのは原則としてATMからの入金のみのところがほとんどのため確認すると良いでしょう。また、そのときに忘れず確認したいのが振込手数料についてです。この点に関してはキャッシング会社によって事情が異なるところなので、公式サイトなどでチェックしておいてください。

 

次に覚えておくべき知識は、万が一返済金の入金が間に合わなかったらどうなるかです。

 

1日でも返済が遅れたら怖い人達が自宅や会社に押しかけてくるのではないかと心配になってしまう人もいるようですが、ちゃんと法律を守って融資をおこなっている業者の場合、そのようなことはありません。

 

まずその金融業者のコールセンターより電話があるはずです。ご入金が確認できませんでしたのでお電話しました。という調子でソフトな雰囲気で連絡してくるのでやたらに怖れることはありません。とは言え、確認のための電話はつながるまで何度でもきます。

 

何回かけてもずっと電話がつながらない場合、勤務先への電話や自宅へ催促状が届きます。

 

こうした事態に陥る前に、返済日に指定の金額がどうしても用意できないのならこちらの方から返済計画について相談しましょう。キャッシング会社も貸し倒れは避けたいのできちんと返済する意志を見せれば相談に乗ってくれるかもしれません。

 

数日くらいの遅延なら大きな問題になるほどではありませんが、返済金と利息だけでなく遅延損害金も払うことになります。

 

一般的なキャッシングにおいては多くは年利20.0%もの高利率で期日に遅れた分だけ日割りでかかります。ですがこの滞納が2〜3ヶ月以上になると一般的に事故扱いで信用情報に登録されてしまいます。その事故情報がいわゆるブラックリストです。

 

こうした状態になると、各種ローンなどでは信用情報を問い合わせられるので新規に組もうとしてもおりる可能性は大変低いです。さらに、クレジットカードの場合にも信用情報を確認するので、ほぼクレジットカードの作成は無理でしょう。事故情報がどのくらいの期間残るかについては、その信用情報機関にもよるのですが返済の遅延なら5年程度です。

 

ここまで返済についての基本的知識を解説してきましたが、すべてキャッシングでお金を借りる際にとても重要なポイントです。中でも返済が遅れた場合にどうなるのかについては必ず押さえておきたい内容です。普通のキャッシング会社ではドラマのような乱暴な取り立てはしませんがとは言えやはり気分がいいものではありません。そういう事態を防ぐため、キャッシングは計画的に行いましょう。